第33次冬の訪中研修団の報告

こんにちは。

今回は2017年最初の投稿として
訪中研修団、略して「訪中団」について
ご報告したいと思います。

「訪中団」とは

僕が16歳の頃からお世話になり
現在指導員をさせていただいている
「日中武道研究会」が主宰し

年に1回年末年始に中国浙江省杭州市へ
赴く武術の研修団です。

浙江省武術協会との交流も今年で33回目。

僕が初めて参加させていただいたのは
20周年の時でした。

西安留学中も中国国内から合流させて
いただき、今回で10回目の参加となりました。

2016年12月26日~2017年1月5日の行程で

東京羽田→上海→紹興→杭州→上海→(フェリー2泊)→大阪港

と研修期間以外はゆったりとした旅も贅沢に
満喫させていただきました。

早朝の上海(外灘)
dscf0077

古い町並みが残っている紹興での一コマ
dscf0116

杭州での武術研修では
呉連枝師爺の弟子である何建一老師より
「呉氏開門八極拳小架一路」を学ばせて
いただきました。

dsc03148

何建一老師は心意六合拳第十代伝人でもあり
こちらは2008年より学ばせていただいております。
(2017年より心意六合拳クラスも開講致しました。)

また何建一老師は上記の拳種以外にも
八卦掌、尚氏形意拳、陳式太極拳、楊式太極拳を
それぞれ伝人の方々から正式に継承しておられます。

系譜が気になる方は、中国語になりますが
詳しくは以下の何建一老師のHPをご覧ください。
http://www.wyzx.gov.cn/Item/33022.aspx

武術交流会では
合気道の呼吸投げの演武
(受け手は僕が最も尊敬している兄弟子)
dsc031981

及び
僕が16歳から学んでいる長拳螳螂門の武術の
「十八叟」という套路を中国の老師方の前で
表演させていただきました。

帰りの2泊3日の船旅では
中国大陸と島国日本をの距離を体で感じながら

ただただのんびりと1年の疲れを癒し
海と風と太陽を味わう時間を過ごしました。

dscf0380

dscf0408

今回もたくさんの方の支えとご協力により
この訪中団に参加し、充実した研修及び交流を
することができました。

この場を借りてお礼申し上げます。
ありがとうございました!

是非ご覧いただいているあなたも
練習仲間になって一緒に次回の
訪中団に参加しましょう!

2017年もよろしくお願い致します!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中