站樁功(たんとうこう)・立禅まとめ

こんにちは。

しえんです。

今日は「站樁功」・「立禅」について
動画のまとめをしておこうと思って
書き始めました。

ヒトって意識しないと
なかなか立ったまま静止している
時間ってないですよね。

チカラを抜いている時間も意外に少ない・・・

そういった非日常的な状態
「ただただ無駄な力を抜いて立つ」ことの
習慣化をオススメするのは

そこにメリットがあるからです。

僕の感じてきた站樁功に取り組む
メリットというのは・・・

・地に足が着く感覚がしっかりとしてきて
根拠のない安心感、心の安定が得られる。

・気の巡りがよくなり、日々の疲れが
リセットされる。

・自分の内側を繊細に感じられるようになり
不調を未然に防ぐことができる。

・直感が冴えやすくなり思考や想念の現実化が
加速する感じが出てくる。

などなど挙げ始めたらキリがありません。

厳密には「站樁功」と「立禅」は違う
とおっしゃる方もおられるかもしれませんが

僕は分けて考えていません。

太極拳の練功として行うものを
「站樁功(たんとうこう)」と呼び

気功の世界や意拳(大成拳)・大気拳などに
伝わる練功を「立禅」と呼ぶ傾向があり

それぞれ姿勢や意念の用い方なども
微妙に異なるのは確かです。

ただ個人的には
望んだ結果を手に入れられるのであれば
名前やスタイルに執着する必要はないと
思っています。

(※どちらにも触れたうえで述べています。)

ちなみに僕が学んだ太極拳の系譜は以下です。
どの老師にも現時点で拝師はしておりません。

陳式太極拳
ーー陳發科→楊易辰(北京から西安に移住)→白悦本→蘭廣華老師

呉式太極拳
ーー呉鑑泉→馬岳梁→袁順川老師(2016年ご逝去)

楊式太極拳
何建一老師(通常は心意六合拳と八極拳でお世話になっています。)
http://www.wyzx.gov.cn/Item/33022.aspx

短期間ではありますが
気功及び太極拳の理論、意拳の理論や
基本功は同じ日本在住の中国の先生から
学びました。

その方は意拳創始者、王薌斎の弟子、
王選傑老師から直接学ばれたそうです。

また、太極拳の理論を
凌空勁が動画でも拝見できる
石明老師という方から学んだとのことです。
https://youtu.be/0VUqpdKUa1I

僕が教室等でお伝えしている站樁功や
立禅の理論的な部分はその先生から学んだ
内容の影響が比較的大きいと感じています。

ということで
話題がそれてしまいましたが

「站樁功」と呼ぼうが「立禅」と呼ぼうが
とにかくオススメ!ということです。

では具体的にどのようにするのか
初めての方でも簡単に取り組めるよう
動画を貼り付けておきます。

――――――――――――――――――――――――

腕を持ち上げずにただ立つだけの
無極立禅↓↓↓

立ち方の要点をまとめた最新2017年版↓↓↓

胸(壇中)の前やお腹(臍下丹田)の前に
掌(労宮)を対応させる時の腕の持ち上げ方↓↓↓

それでは一緒に取り組んでみましょう↓↓↓

椅子に座ったまましたい方はこちら↓↓↓

復習も兼ねて・・・
かなり昔に撮影した「立禅の要点」はこちら↓↓↓

おつかれさまでしたー。

取り組んでみての感想は以下のフォームから
お願いします。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/d57acde9282068

それではよい週末をお過ごしください。

最後までお付き合いいただき
ありがとうございました!

Q&Aうまく呼吸ができない悩み

こんにちは。

しえんです。

今回は
メールでご質問いただいた
「呼吸についての悩み」
についてご返答したメールの内容を
シェアします。

日常に取り入れていただくことで
呼吸するたびに意識が落ちやすくなるので

人と接している際に
意識があがって肩に力が入ることも
なくなっていき

頭もスッキリして気持ちも
落ち着いてくるのが感じられると思います。

ぜひ呼吸について課題だと感じている方は
参考にしていただけたら嬉しいです。

ちなみに僕は特定の呼吸法などを
学んだことはありません。

あくまで自分が武術を学び、指導に
携わってきた経験からお答えしています。

——————————————————————
Q、下から吸い上げて胸のところで空気が
止まってしまい苦しい感じで、吐くときも
スムーズに下へ降りる感じがありません。
習っている太極拳では逆腹式呼吸を求められ
力が伝えられないです。
——————————————————————

ご返信させていただいた内容の抜粋はこちら↓
——————————————————————
呼吸、大事なテーマですね。

日常生活やお仕事の疲れなどで
胸郭や肋骨まわり、背部の筋肉が
硬直している可能性があるので

始めは腹式呼吸や逆腹式呼吸を意識せずに
胸を大きく使って深呼吸を繰り返し
意識を落とす通り道を作ってあげるのが
オススメです。

動きとしてはすでにご紹介した
開合のエクササイズなども有効です。

胸がしっかり動く感覚が出てきたら
次のステップとして
吐ききる練習をしましょう。

脱力したまま下腹部がプルプルするくらい
吐ききって、命門を張り出したまま
静かに鼻を開放して入ってくる分だけ
自然に下腹部に入れます。

吸おうという意識を働かせると
胸に意識が引きあがってしまうので
吸う意識を使わないことがポイントです。

ぜひ日常に取り入れてみてください(^-^)

やってみてうまくいかなかったら
また状況をお聞かせください!

——————————————————————
返信内容の抜粋はここまで↑

以上をカンタンにまとめると

ステップ1:上半身の力みをとる。
ステップ2:吐ききる練習をする。
(※吸う意識を使わずに自然に入れる)

というたったの2ステップです。

「力みをとる」と言うと
難しく感じるかもしれないので

「いっぱい動かして可動域を広げてあげる」
くらいの感覚でよいと思います。

日常での集中モードを切り替えて
数秒間リラックスモードで
ふつーに深呼吸するだけでも
全然違ってくるので

腹式呼吸ができない、
逆腹式がわからない・・・

というのは気にせずに
ただただ日頃の呼吸がスムーズに
できるように心がけてみてください。

寝ている猫をモデリングするのも
いいかもしれません(笑)

全身が膨張と収縮を繰り返していますよね。

それでは今日もはりきっていきましょう^^

~太極拳&身体操作~無料体験会2017年ご報告

こんにちは。

先月末、2017年5月31日(水)
太極拳&身体操作の無料体験会を
開催しました。

ということでご報告です。

武術の指導に携わるようになって
からのここ15年間
あえて無料では指導しないように
してきました。

それには

・タダなので価値を感じてもらえない。
・貪欲に「何かを身に付けて帰ろう」と思わなくなる。
・僕をジャッジだけしにくる輩(やから)が参加する可能性がある。

などなど
色々と理由はあるのですが

一番大きな理由は

「無意識レベルで参加する方々の吸収力が
有料の時より下がるから」

ということです。

何事にも進化には
自己投資や代償が必要だと
思います。

時間、意識、エネルギー
労力、お金・・・

必ずしも金銭面の投資が全てでは
ありませんが

何かを身に付けたい、マスターしたい
なし遂げたい・・・と思ったら

「不必要なことをやめる」という
代償を払ったり

遊びに使っていた時間を
習得のために投じたりすると思います。

無料の場合
その投資したエネルギーが少ない分
変化を起こしにくいということが
無意識レベルで起こります。

一貫3,000円の寿司でも
回転寿司のレーンに流れていて
自分が100円だと思って食べたら
味に気付けないのと同じです。

そんな理由から
指導を受けて下さる方々には
受講料、参加費という形で

ご本人様の進化のために
ある程度の自己投資をしていただいて
きました。

(※ぶっちゃけ無料や格安で教えるほうが
指導する側は気楽です。)

・・・・・・

ですが今回は
いつも会場をお借りしている
東部フレンドホールさんのほうから

5月31日(水)は無料でお貸しするので
チャレンジデーの活動の一環として
公開練習にしませんか?

とご提案いただき
お世話になっている会場なので
快諾させていだきました。

チャレンジデーというのは
その当日に、あるスポーツや運動を15分以上
とりくんだ人の数を全国各地で競う
というイベントのようでして・・・

僕のこの太極拳の公開練習も
たくさんの方が参加したら
それだけ江戸川区の貢献になるということで

youtubeで「無料体験会」と題して
告知させていただきました。

僕個人としては
そのイベントの結果はどうでも
よいのではありますが

この機に動画をご覧くださっている方の
お顔を直接見たいという気持ちが
背中を押していた気がします。

当日は
YouTubeをご覧になって来られた方が11名。
建物内に貼ってあった施設が作成したポスターから1名。
サークル会員の応援が2名。

計14名

の方々が熱心に学んでくれました。

手前味噌になるかもしれませんが

お伝えした情報の質としては
セミナーとして開催すれば
けっこう高額にできる内容だったと
感じています。

正直、個別指導を受けて下さってる方々
ゴメンナサイ_(_^_)_って気持ちもあります。

でもでも

日頃は
動画を配信している側から見えない
視聴して下さっている方々のお姿を
拝見できたこと

終わった後に送られてくる
励みになる感想やメッセージが
とても嬉しかったです。

そして
通常のサークルの仲間になって
くださった方もおられて
開催して本当によかったなと
思っています。

僕はどうやら嬉しいと調子に乗る傾向が
あるようです。

今後も
セミナーがワークショップか
体験会かタイトルはわかりませんが
何かしら開催していきたいと思いますので

「こんな内容を伝えるイベントがあれば
参加します!」

ってのがあれば
どしどしお知らせください。

shien.onekoness@gmail.com

ではまたー!

第33次冬の訪中研修団の報告

こんにちは。

今回は2017年最初の投稿として
訪中研修団、略して「訪中団」について
ご報告したいと思います。

「訪中団」とは

僕が16歳の頃からお世話になり
現在指導員をさせていただいている
「日中武道研究会」が主宰し

年に1回年末年始に中国浙江省杭州市へ
赴く武術の研修団です。

浙江省武術協会との交流も今年で33回目。

僕が初めて参加させていただいたのは
20周年の時でした。

西安留学中も中国国内から合流させて
いただき、今回で10回目の参加となりました。

2016年12月26日~2017年1月5日の行程で

東京羽田→上海→紹興→杭州→上海→(フェリー2泊)→大阪港

と研修期間以外はゆったりとした旅も贅沢に
満喫させていただきました。

早朝の上海(外灘)
dscf0077

古い町並みが残っている紹興での一コマ
dscf0116

杭州での武術研修では
呉連枝師爺の弟子である何建一老師より
「呉氏開門八極拳小架一路」を学ばせて
いただきました。

dsc03148

何建一老師は心意六合拳第十代伝人でもあり
こちらは2008年より学ばせていただいております。
(2017年より心意六合拳クラスも開講致しました。)

また何建一老師は上記の拳種以外にも
八卦掌、尚氏形意拳、陳式太極拳、楊式太極拳を
それぞれ伝人の方々から正式に継承しておられます。

系譜が気になる方は、中国語になりますが
詳しくは以下の何建一老師のHPをご覧ください。
http://www.wyzx.gov.cn/Item/33022.aspx

武術交流会では
合気道の呼吸投げの演武
(受け手は僕が最も尊敬している兄弟子)
dsc031981

及び
僕が16歳から学んでいる長拳螳螂門の武術の
「十八叟」という套路を中国の老師方の前で
表演させていただきました。

帰りの2泊3日の船旅では
中国大陸と島国日本をの距離を体で感じながら

ただただのんびりと1年の疲れを癒し
海と風と太陽を味わう時間を過ごしました。

dscf0380

dscf0408

今回もたくさんの方の支えとご協力により
この訪中団に参加し、充実した研修及び交流を
することができました。

この場を借りてお礼申し上げます。
ありがとうございました!

是非ご覧いただいているあなたも
練習仲間になって一緒に次回の
訪中団に参加しましょう!

2017年もよろしくお願い致します!