「自分の表情がバロメーター」4月東京ワークショップのフォローメール抜粋

こんにちは(・∀・)ノ

先週末は
4月東京ワークショップでした。

今回は時間の都合上
誰一人としてご案内メールを送れず
HPを書き換えただけでしたが

先月と変わらぬ人数の方々に
お集まりいただけてとても光栄でした。

ご参加くださった皆さま
ありがとうございました!

一週間が経とうとしている今日
お礼メールをみなさまにお送りしたのですが

参加者以外の方々にもシェアしておきたい
内容だなと思い、メールの抜粋を
このブログに添付することにしました^^

以下が抜粋です↓↓↓
————————————–
(前略)

先週末は
4月東京ワークショップへの
ご参加ありがとうございました!

今回は
・心意六合拳
・武術的身体操作(対人チェック)
・身体意識とコミュニケーション(講話)
・たんとう功×気感養成
・長拳螳螂門(中国武術基本功)

という5項目で実施させて
いただきましたが

突き詰めるとすべての項目で
お伝えしていることは
結局同じやな~

と振り返っています。

自分の中にある安心感が
身体の「りきみ」を取り除き

胯(クア)、鼠径部の緩みとなって
大地に根をはっている感覚を
生み出してくれます。

そして
その感覚が明確であれば
下腹部に意識が落ちて自ずと
丹田の意識も強化されます。

そうなれば
意図的な命門の張り出しなど
もはや不要です。

円のように前後左右のバランスが
とれているので

心身ともに自分軸が強化され

頑丈な軸への自信と安心感から
表面をゆったりと構えることができます。

そうすることで繊細な接触で感じ取れる
情報量に変化が出てきますし

日常も、より楽に過ごせるように
なっていくと思います。

一人で練習する時
そのバロメーターとなるのが
表情です。

ぜひ自分の表情をチェックしながら
練習してみてください。

安心感を感じている表情か・・・

何かに抵抗している表情か・・・

正解・不正解があるとか
何かを身に付けねばならない

という発想を一旦脇に置いておいて

まずは自分と向き合うことに
フォーカスしてもらえると嬉しいです。

そこんところを無視して
いくらエクササイズを繰り返しても
癖の助長にしかならないと個人的には
思っています。

ということで

これからも今この身体のある感謝と
安心感に包まれて毎日ゴキゲンに過ごして
いきましょう( ´ ▽ ` )ノ

あらためて今回のワークショップへの
ご参加ありがとうございました!

次回は5月19日(土)・20日(日)の開催を
予定しております。

5月以降またご案内をHPに掲載する予定ですので
時期が近付きましたらご確認ください。

またお会いできるのを楽しみにしております。

—————————————–
以上ですー\(^o^)/

1ヶ月ぶりにお会いして

本当にスッキリとした表情で
動きも進化を遂げていらっしゃる方が
おられるのを目の当たりにして
嬉しくなりました。

イベントへの参加の可否に関係なく
毎日の練習を楽しんでいきましょう( ´ ▽ ` )ノ

今回の長文にお付き合いくださり
ありがとうございました!

川津康弘

広告

学ぶ時に意識してほしいこと

こんにちは。

今回は
学ぶ時に心掛けることで深みが増し
進化も加速するお話になります。

上海から動画でお届けしました。
ぜひ腑に落として日頃から意識して
もらえると嬉しいです。