Q&Aうまく呼吸ができない悩み

こんにちは。

しえんです。

今回は
メールでご質問いただいた
「呼吸についての悩み」
についてご返答したメールの内容を
シェアします。

日常に取り入れていただくことで
呼吸するたびに意識が落ちやすくなるので

人と接している際に
意識があがって肩に力が入ることも
なくなっていき

頭もスッキリして気持ちも
落ち着いてくるのが感じられると思います。

ぜひ呼吸について課題だと感じている方は
参考にしていただけたら嬉しいです。

ちなみに僕は特定の呼吸法などを
学んだことはありません。

あくまで自分が武術を学び、指導に
携わってきた経験からお答えしています。

——————————————————————
Q、下から吸い上げて胸のところで空気が
止まってしまい苦しい感じで、吐くときも
スムーズに下へ降りる感じがありません。
習っている太極拳では逆腹式呼吸を求められ
力が伝えられないです。
——————————————————————

ご返信させていただいた内容の抜粋はこちら↓
——————————————————————
呼吸、大事なテーマですね。

日常生活やお仕事の疲れなどで
胸郭や肋骨まわり、背部の筋肉が
硬直している可能性があるので

始めは腹式呼吸や逆腹式呼吸を意識せずに
胸を大きく使って深呼吸を繰り返し
意識を落とす通り道を作ってあげるのが
オススメです。

動きとしてはすでにご紹介した
開合のエクササイズなども有効です。

胸がしっかり動く感覚が出てきたら
次のステップとして
吐ききる練習をしましょう。

脱力したまま下腹部がプルプルするくらい
吐ききって、命門を張り出したまま
静かに鼻を開放して入ってくる分だけ
自然に下腹部に入れます。

吸おうという意識を働かせると
胸に意識が引きあがってしまうので
吸う意識を使わないことがポイントです。

ぜひ日常に取り入れてみてください(^-^)

やってみてうまくいかなかったら
また状況をお聞かせください!

——————————————————————
返信内容の抜粋はここまで↑

以上をカンタンにまとめると

ステップ1:上半身の力みをとる。
ステップ2:吐ききる練習をする。
(※吸う意識を使わずに自然に入れる)

というたったの2ステップです。

「力みをとる」と言うと
難しく感じるかもしれないので

「いっぱい動かして可動域を広げてあげる」
くらいの感覚でよいと思います。

日常での集中モードを切り替えて
数秒間リラックスモードで
ふつーに深呼吸するだけでも
全然違ってくるので

腹式呼吸ができない、
逆腹式がわからない・・・

というのは気にせずに
ただただ日頃の呼吸がスムーズに
できるように心がけてみてください。

寝ている猫をモデリングするのも
いいかもしれません(笑)

全身が膨張と収縮を繰り返していますよね。

それでは今日もはりきっていきましょう^^

広告