【Q&A】立禅って何を訓練しているの~?

こんにちは。

今回は気功を学んでいらっしゃる
海外在住の方からいただいたご質問への
返信メールの抜粋をシェアします。

以下、ご質問メールより抜粋
———————————————————–

川津先生の講座を全て網羅して拝見できたわけでは
無いのですが、、、形や理論などは多くの映像は
目から鱗・・と思うような、ご説明などあり
助かっております。ありがとうございます。

もしかして・・川津先生のyoutubeの中の、
どこかの映像にあるのかもしれませんが、
例えば「立禅」は、なにを訓練しているものなのでしょうか? 

経絡みたいな線路の中の気の流れを良くする訓練なのか、

それとも、丹田に意識を置くための
意識エネルギーの置き場所を明確にする訓練なのか・・

それとも武術的な意味の抜き足差し足忍び足のように
動けることを訓練しているのか・・。

いくつか、気功の本を読んだり、ネットを検索しているですが、
「立禅 他など・・は、具体的に、それが何のために
訓練しているのか、何になるのか?」など、

多くの型が何のためにやっているのか?が、
説明されているものは、まだ見つけておりません。

もし、機会がありましたら、
「何のため?や、これをすると何が生じる等」を
お話ししてくださると嬉しいです。

————————————————————————–

※以下ご返答メールからの抜粋
————————————————————

メッセージ及びご質問ありがとうございました!

気功は頭で理解しなくても体が変化を感じてくれるので
いいですよね。

Q,「立禅」は何を訓練しているのか・・・
このご質問についての私なりの回答としましては

A、その人の目的によっても、段階によっても異なる・・・

という抽象的なものになります。
だから、どの書籍や資料にも固定した表現はないのだと思います。

目的や取り組むメリットも同様に様々です。

・気の流れをよくする。
・体の不調を消す。
・脳派を変えてリラックスし、たまった疲れをとる。
・無駄な力みをはずしてパフォーマンスを上げる。(仕事・スポーツ)
・天地と繋がるエネルギーのパイプをクリーンにする。
・想念、イメージ、願望の現実化を加速する。(良くも悪くも)
・自分と外界の境目をなくし、本来すべてが一体であることを思い出す。

ご質問メールでおっしゃったそれぞれの内容も全てあてはまると思います。

取り組んでいれば、自然と全てがクリアされていくので
何かが訓練されていると考える必要はないです。

このテーマもいずれまた動画のネタに
させていただきますね。
——————————————————–

何かヒントになることがあればと思い
シェアさせていただきました。

私の場合は最後の項目:

「自分と外界の境目をなくし
本来すべてが一体であることを思い出す」

一日の中で定期的に、ここに意識を注ぐことで
本来の自分に立ち返るよう心がけています。

いずれ、それも要らなくなると思います。

ふつう~に日常を過ごすことが
「たんとう功」・「立禅」をし続けているのと
同じことのようになっていくからです。

それではまた~!

広告

Q&Aうまく呼吸ができない悩み

こんにちは。

しえんです。

今回は
メールでご質問いただいた
「呼吸についての悩み」
についてご返答したメールの内容を
シェアします。

日常に取り入れていただくことで
呼吸するたびに意識が落ちやすくなるので

人と接している際に
意識があがって肩に力が入ることも
なくなっていき

頭もスッキリして気持ちも
落ち着いてくるのが感じられると思います。

ぜひ呼吸について課題だと感じている方は
参考にしていただけたら嬉しいです。

ちなみに僕は特定の呼吸法などを
学んだことはありません。

あくまで自分が武術を学び、指導に
携わってきた経験からお答えしています。

——————————————————————
Q、下から吸い上げて胸のところで空気が
止まってしまい苦しい感じで、吐くときも
スムーズに下へ降りる感じがありません。
習っている太極拳では逆腹式呼吸を求められ
力が伝えられないです。
——————————————————————

ご返信させていただいた内容の抜粋はこちら↓
——————————————————————
呼吸、大事なテーマですね。

日常生活やお仕事の疲れなどで
胸郭や肋骨まわり、背部の筋肉が
硬直している可能性があるので

始めは腹式呼吸や逆腹式呼吸を意識せずに
胸を大きく使って深呼吸を繰り返し
意識を落とす通り道を作ってあげるのが
オススメです。

動きとしてはすでにご紹介した
開合のエクササイズなども有効です。

胸がしっかり動く感覚が出てきたら
次のステップとして
吐ききる練習をしましょう。

脱力したまま下腹部がプルプルするくらい
吐ききって、命門を張り出したまま
静かに鼻を開放して入ってくる分だけ
自然に下腹部に入れます。

吸おうという意識を働かせると
胸に意識が引きあがってしまうので
吸う意識を使わないことがポイントです。

ぜひ日常に取り入れてみてください(^-^)

やってみてうまくいかなかったら
また状況をお聞かせください!

——————————————————————
返信内容の抜粋はここまで↑

以上をカンタンにまとめると

ステップ1:上半身の力みをとる。
ステップ2:吐ききる練習をする。
(※吸う意識を使わずに自然に入れる)

というたったの2ステップです。

「力みをとる」と言うと
難しく感じるかもしれないので

「いっぱい動かして可動域を広げてあげる」
くらいの感覚でよいと思います。

日常での集中モードを切り替えて
数秒間リラックスモードで
ふつーに深呼吸するだけでも
全然違ってくるので

腹式呼吸ができない、
逆腹式がわからない・・・

というのは気にせずに
ただただ日頃の呼吸がスムーズに
できるように心がけてみてください。

寝ている猫をモデリングするのも
いいかもしれません(笑)

全身が膨張と収縮を繰り返していますよね。

それでは今日もはりきっていきましょう^^